×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口臭は、口内の汚れ、唾液分泌量の減少、歯周病、胃腸の病気、精神的なストレスなどが原因で生じます。

胃腸が悪いと口臭が強くなると言われる場合もありますが、食道と胃の境界部分は、飲食物の逆流を防ぐために括約筋で閉じられています。
そのため、口臭の大半の原因は、口の中の汚れや疾患からきていると言われています。



口臭の原因

 

口臭の原因のうち、約8割以上は口の中の汚れや口腔内の疾患からきていると言われています。

 

それ以外の原因には、内臓疾患、ニンニクやニラなどの臭いの強い食品の摂取、タバコやお酒などがあります。

 

中でも多い原因とされている口の中の汚れは、唾液の分泌量が減少する事によって生じます。

 

これは、唾液の分泌量が減少する事で、口腔内の細菌が増殖しやすくなり、ご飯の食べかすや汚れを分解する事で臭いの原因物質を作り出すからです。

 

強いストレスや緊張から、唾液の分泌量が少なくなり、それによって口腔内の細菌が増えやすくなり、口臭が生じる場合もあります。

 

また、舌に付着した汚れの舌苔(ぜったい)も、口臭の大きな原因の一つと言われています。



ティーライフ/なた豆茶ブレンド なた豆茶でお口のネバネバもスッキリ!!
口臭の原因のうち、約8割以上が口の汚れ、歯周病、ドライマウス(口腔乾燥)などの口内のトラブルが原因だと言われています。他には、耳鼻咽喉の疾患、呼吸器疾患、糖尿病、腎臓病、肝臓病などの病気によって、口臭が生じる場合もあります。